素人考え

一般腐女子がただ考えるだけ。

腐向けの種類

腐女子は少女マンガに出そうなイケメンが好きと一括りにされるのが、いい加減嫌だ。
特にあの乙女ゲームみたいなのを出しては「ホレホレ、好きなんだろう?」みたいにされる今の風潮が嫌だ。

ということで、腐向けの種類について、軽くまとめた。

オーソドックスなものに『少女マンガをなぞったようなもの』がある。
これは、受動的な受けが積極的な攻めによって愛される話だ。
少女のような容貌の受けと、ハンサム顔の攻めが描かれることが多い。
一般的に、腐向けといって想像されるのは、この類だろう。

その中で多いのは、生気と精欲を抜かれたようになってしまっている受けだ。
原作でヒロインを女性として見ている様な発言があったとしても、「キスって何?」とでも言ってしまいそうな状態になる。
これらは、少女性を付与するために、無くなってしまったのだと考えられる。
確かに、「ヒロインを彼女にしたい」みたいに言っている少女なんて、ちょっとしたニッチ趣味である。
(個人的には好きです)

あくまでも主観であるが、このような少女化は可愛い。
しかし、どうあがいても、原作では男性なのだ。
男性が少女として愛される話ではなく、男性が男性として愛される話を見たいと思っている層にとっては、非常に悪趣味なものとして映ってしまうかもしれない。
男性として認識している相手が美少女キャラクターみたいな振る舞いをしていたら、キツい。
そこで登場するのが、『少年・青年漫画のキャラっぽくする』というものだ。

これは、男性が男性に愛される話にはなっている。
しかし、描いている人が好きなのは、創作上の男性だ。
だから、男性らしく描かれる彼らであるが、そこにリアリティはあまりない。
いわゆる、腐女子向けと呼ばれる一般作品の男性キャラクターを想像して頂ければいい。
(あくまでも主観です)
一枚絵では、スタイリッシュ感などを重視する。

もしくは、リアルな男性らしく描かれる方もある。
タンクトップとトランクス姿で歯磨きをして、生活観を出しまくるようなイメージだ。
和室に住んでいそうなキャラや、おじさんキャラなどに多い。

しかし、この流れにも異を唱えるものがいた。
それが、『男性向け風』である。

ここで言う男性向けとは、美少女キャラクターにあんなことやこんなことをする話の事である。
つまり、そのようなお色気を受け(もしくは攻め)にやらせようという文化なのである。
最早、相手の顔すら不要として、モブ攻めという機軸も整った。
しかし、恋愛やスタイリッシュ・男らしさを求める層には、受け入れられたりなかったり。
なぜなら、女性らしい受けにやりたい派、男性らしい受けにやりたい派など、様々な趣向があるからだ。
ということで、その人の作風による。

簡単な説明であったが、腐向け界隈には少なくとも4種類は派閥があるという事をお分かりいただけただろうか?
また、彼らは同じ趣味を持ちながらも、共に理解しあったり、いがみ合ったりしている。
この原因とは何ら難しいものではない。
『自分が萌えるか萌えないか』という基準で判断しているからというだけだ。

関係性に萌える人もいれば、容姿に萌える人もいるし、Hさせて頂く。な人もいる。
CCさくらっぽく描かれた状態が好きな人もいれば、田亀源五郎調が好きな人もいる。
なので、いい加減、腐女子=絶対に乙女ゲー的ハンサムボーイが好きであるという烙印を消してもらいたい。

イケメンは好きだけどそっちじゃないんだよ、ジャニーズじゃなくて、阿部寛
そんな主張と似た感じ。

日本の神話とポケモンDP

日本の神話とポケモンDPの伝説・準伝・幻が被って見えてしょうがない。
アルセウスイザナギイザナミ
ディアルガパルキア=アマテラス・ツクヨミ
ギラティナスサノオ
ユクシー=オモイカネ
エムリット=アメノウズメ
アグノムアメノタヂカラオ
レジギガス八束水臣津野命
マナフィフィオネ=ヒルコ・アワシマ

アルセウスイザナギイザナミ(もしくはどちらか片方。特にイザナギ)。
イザナギは、一度に三柱の神(アマテラス、ツクヨミスサノオ)を産んだ。
アルセウスも、以下の三体を同時に生み出したようだ。
ディアルガは、背中の突起が後光のように見えるから、アマテラス。
パルキアは、月のしずくと呼ばれるパールから、ツクヨミ
ギラティナは、一人だけ異世界(死後の世界?)に行かされたことからスサノオ
(ちなみに、ギラティナの出現するもどりのどうくつでは、ソルロック(太陽)とルナトーン(月)が出現する)
ディアルガパルキアは、どちらも、アマテラスとツクヨミを合わせて二で割った感じだと思った方が都合がいい。

イザナギイザナミは、国産みのために槍を使ったとある。
→やりのはしら?

アマテラスが天岩戸に隠れたとき、知恵の神であるオモイカネなどが解決した。
ディアルガパルキア)を使役するために、知恵の神であるユクシーなどを利用した。
天岩戸閉じこもり事件解決には、オモイカネの指導で、まずアメノウズメが踊って周りを盛り上げた。
そこで、天岩戸からアマテラスが「何事か」と少し顔を出したところで、アメノタヂカラオが彼女を引っ張り出してから、岩戸を塞いでしまった。
ここでの役割を、アメノウズメが『周りに感情を与える』、アメノタヂカラオが『困難を解決する』とすると、エムリットアグノムに対応させられる。
アメノタヂカラオは力の強い神様とされるが、アグノムもこの三体の中では一番攻撃力が高い。岩戸=石と考えると、更に『いしポケモン』)

スサノオは、アマテラスの住まう場所で散々暴力行為を働き、追放されてしまう。
ギラティナも同様。
亡くなったイザナミは、黄泉(死後の世界)で、現世とは違う姿をとっていた。
(いわゆるゾンビ風と思われる)
やぶれたせかい=黄泉と考えると、ギラティナがそこでだけオリジンフォルムに変貌するのもよくわかる。
また、黄泉はスサノオが追放された根の国と同一視される事があるので、やぶれたせかい=黄泉=根の国といえる。

出雲に伝わる神話とされるものに『国引き神話』がある。
土地が小さすぎるので、他のところから引っ張ってきたという内容だ。
→国引きといえば、レジギガスである。

マナフィの産むフィオネが不憫すぎて、こいつはヒルコなんじゃないか……と思うようになった。
イザナギイザナミの産んだ子供の一人で、足腰が立たなかったので海に流されてしまった。フィオネには足が無い)
ちなみに、ヒルコは海を漂って、漂着した先では、七福神のエビスとなって崇められたりもした。
エビス=マナフィ、ヒルコ=フィオネと考えると、ちょっとしっくりくるかも。

記者には予備知識が必要だと思う

anond.hatelabo.jp

この記事の言いたいことは「取材対象に謝礼金を払う必要はない」である。

その理由の一つに「いちいち払っていたら、すぐに倒産してしまうから」というものがある。

個人的には、「もっと別の資金繰りを模索するか、できないならさっさと畳んで別のことを始めた方が世のためなのでは?」と思ってしまう。

結局は資本主義云々の話になるので、こちらはどうでもいい。

 

>記者は読者の代表であり、変に予備知識とか先入観のない素人である必要がある。

この一文が、どうしても納得いかなかった。


記者の仕事は、ただ事実や言葉をそのまま伝える事ではない。
専門用語などを記者なりに咀嚼しつつ、しかし、意味合いや事実を曲げる事なく、
『素人』にもわかりやすく伝える事が、真の仕事だと思う。
それをするためには、予備知識が重要になってくる。

 

例えば、冬、全国的に天気予報を発表する場合である。
「明日は八潮に乱層雲が発生します」
と、気象庁に言われた予報士が、そのままの文言で発表したとする。
これだと、地理や雲の種類を知らない人には、よくわからない。
「明日は東京都品川区の一部で雪が降るでしょう。
 首都高湾岸線をご利用の方は、スリップなどにご注意ください」
このように言えばわかりやすいし、親切だ。
そして、上記の文言からこういった書き方に発展させるためには、ある程度の予備知識が必要だ。

 

国民の多くが『素人』であるが、中には、そうでない人もいる。
プロだっているし、プロ並みの知識をもった素人だっている。
また、取材対象の友人や家族までもが読者になり得る。
記事の書き方が『素人』向けであることは(そのような人にも買ってもらうために)重要であるが、
内容まで『素人』仕事になってしまってはどうだろう。

「このくらい、俺でも知ってるよ」
「○○さんに取材をしておいて、××を聞かないなんて、この記者はわかってないな」

このように思ってしまった読者は、次からそのメディアを見なくなるかもしれない。
記者に予備知識が無いほど、そのような事態に陥りやすくなる。

なぜなら、

「この取材対象から何を引き出せば読者が喜ぶか」

「どうすれば、その情報を引き出せるのか」といった

戦略と駆け引きは、予備知識がなければできない事だからだ。
そして、取材対象が今後も気持ちよく情報を提供してくれるようなコミュニケーションもとらなければならない。

 

ここまでのことを、『変に予備知識とか先入観のない素人』ができるだろうか?
できないから、記者という仕事が成り立つのではないだろうか。
もしも今、『素人』記者で成り立たせているのだとしたら、出版業界の売り上げ低下やテレビの視聴率低下の原因は、
案外、こんなところから来ているのかもしれない。

おそ松さんの腐人気について単純に考えた

腐女子は、キャラクター(性別問わず)※1が一人※2<いればBL妄想できる。

当然、ある程度の接点を持った二人以上の男性キャラクターが出てくる作品というのが理想形ではある。

おそ松さんは『男性が六人も同居している』アニメだ。

六つ子という切り離せない接点を持った六人もの男性キャラクター。

それにプラスして、幼馴染の男性や、腐れ縁のような関係のおじさん達も出てくる。

上に挙げた理想形の更に上まで来てしまっている。

それは人気が出て当たり前という話である。

 

『男性が六人も同居している』というわかりやすい大前提のおかげで、回りくどく考えなくても簡単にBL妄想ができる。

「おはようからおやすみまで、生後まもなくからずっと一緒なのだから、何かあってもおかしくなかろう」と言う腐った奴らの格好の餌食だ。

おそ松くん時代のネタも使えば、『少年時代の○松さん×現在の△松さん』だけでなく、『少年時代の○松さん×現在の○松さん』という、稀有なカップリングまでできる。

また、ギャグアニメ特有の便利な人物・アイテム・動物が出てくるので、BLに限らず二次創作がしやすい。

デカパンやエスパーニャンコなどの舞台装置を用いた創作などが可能だ。

『少年時代から大幅に性格が変わったキャラクター』について、まだ過去の回想や公式な解説などが一切出回っていないので、想像の余地が非常にある。

そこをBLに繋げて考えてしまうのが腐女子の業だ。

 

最後に、この六人は同じ布団で寝ている!

 

 

※1

なぜ(性別問わず)なのかというと、『男体化』という技が使えるからである。

これは、女性、もしくは性別の無いキャラクターを男性にする行為だ。

そうして男体化したキャラクターを、元々男性であるキャラクターか、同じく男体化したキャラクターとくっつける。

これをBLとして捉えるかどうかは人によって賛否両論だが、これさえ使えば女性や無機物しか出てこない作品でもBLができてしまう。

 

※2

キャラクターが一人しかいない状態で、どうやってBL妄想をするのか?

これは、『少年時代の○さん×現在の○さん』などのように、違う時系列の同一人物をカップリングすれば事足りる。

また、二重人格のキャラクターであれば、『表人格の○さん×裏人格の○さん』というのもできる。